節約方法を見直してみよう

節約をするのであれば、楽しく、無理なく、気軽に、生活の1つとして当たり前に取り入れることができるもの、それと時間がかからない方法でないといけません。

まず、そういったものでないと『長続きしない』という理由もありますが、そうではなく、もっと効率のいいものを探してみませんか?ということです。

無理して、頑張ってコツコツと節約を続けても、1ヶ月で100円1000円節約できたからって喜ぶものではありませんよね。

スーパーのちらしをいくつも比べて、今日は卵はA店が安いからA店で買って、キャベツはB店に買いに行って、牛乳はC店に買いに行こう。たしかに、スーパーに支払う金額=レシートに書いている金額の合計は、A店だけで全部を買うよりは安くなっているかもしれません。

都会の方なら、自転車で移動できる範囲にスーパーがあるのかもしれませんが、田舎だと自動車が必要になります。お店を移動すれば、その分だけガソリン代がかかります。

ついでに自動車は消耗品です。多く走れば走るほど自動車の寿命が縮みます。ガソリン代は意識しやすいですが、自動車に乗ることでガソリン代以外のものがかかっていることを忘れてしまいがちです。極力自動車に乗らないことはかなりの節約に繋がります。どこかが故障すると修理代だけでもバカになりませんよね。

それと、都会だろうが田舎だろうが、複数の店舗を移動するということは、それだけ余分な時間がかかってしまうのですよね。まさかA店のスグ横にB店が営業しているなんてことはないですよね。もしA店とB店の移動が5分とかで済むのであれば、目をつむってもいいかもしれません。

ただ、A店だけで全部の買物をすれば30分で家に帰ってくることができるところを、いくつかの店舗を回ったために1時間余分にかかってしまったのでは、これはうまい時間の使い方とはいえないと思います。

3店舗はしごすることで100円の節約になるけど、家に帰ってくるまでに1時間余計にかかってしまったとすると、どちらをとるのがいいと思いますか?

もちろんその時の状況や、個人の考え方により、正解というものはありませんが、私ならば、その1時間を100円で買ったと思い、さっさと家に帰ってきたいと思います。

※でもA店は、お肉がおいしくて、野菜はおいしくない
B店は野菜がおいしいけど、お肉がおいしくない
といった場合には、A店とB店をはしごします。

近所のスーパーの違いに詳しい主婦の方でしたら、私の言おうとしている意図が分かって頂けると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加