まとめ買い?こまめ買い?

◆まとめ買いのメリット・デメリット

「まとめ買い」=少頻度多量購買です。次のようなメリット・デメリットがあります。

まとめ買いのメリット

  1. 買い物に行く頻度が少なくなるので、無駄な衝動買いをしてしまう頻度も下がる。
  2. 買い物に行くための交通費などの変動費や労力が省ける

まとめ買いのデメリット

  1. まとめ買い直後は、在庫量が過大となり、保存方法や、在庫管理、使い切るための工夫が必要。冷蔵庫にも負担をかけ、電気代がかかる。
  2. 一回あたりの買い物のボリュームが増えるため、徒歩や自転車でのお出かけは困難。車や人手が必要。
  3. 特売やタイムサービスなど、日々のお得なセールを利用しにくい。

◆こまめ買いのメリット・デメリット

「こまめ買い」=多頻度少量購買です。実は、企業においては、トヨタの「かんばん方式」など実に経済合理性のある購買方法として、多数の企業で採用されています。
次のようなメリット・デメリットがあります。

こまめ買いのメリット

  1. 買い物に行く頻度が多いので、随時本当に必要な量だけを購入すればよく、在庫マネジメントが簡単で、廃棄ロスの低減に有効である。
  2. 一回当たりの買い物のボリュームが少ないので、徒歩や自転車などで出かけれらる。

こまめ買いのデメリット

  1. 誘惑に負けやすい人、自己抑制に自信のない人は、無駄な買い物をしてしまうリスクに遭遇しやすい。
  2. 買い物頻度が高くなるので、外出しにくい環境の人には不向き。

総合スーパーや食品スーパーなどは、毎日のように、特売やタイムサービスなどを企画をしています。また、「食の職人」などといったプロの養成をしたりしています。
なぜでしょうか?

その理由は二つあります。

一つ目の理由は、毎日スーパーに来て欲しいからです。なぜ、毎日スーパーに来て欲しいのでしょうか?

それは、店の賑わいのためです。一定の商圏内のお客様の人数は決まっていますから、買い物の頻度が高まるほど、一日あたりの来店者数が増えるわけです。すると店に活気がでて、ますますお客様が集まります。

二つめの理由は、特売やタイムサービスで、集客をしたお客様が、他の商品を買ってくれることを期待しているからです。「損して得とれ」の方針です。

逆に考えると、「特売の時に買い物に出かけていき、必要なだけ特売商品を買い、それ以外のものは目もくれないで帰る」というのを貫くのが最強の買い物スタンス(購買方法)で、まさにスーパー泣かせです。

ただ、さすがにそれを完璧に実践するのは(一部の方々を除いて)困難だと思います。

現実的には、「オールまとめ買い」とか「オールこまめ買い」とか決め付けず、それぞれのメリット・デメリット(価格・ボリューム・在庫・ストレス)を考慮した上で、「まとめ買い」と「こまめ買い」を上手に組み合わせた戦略ベストミックスにより、買い物最適化をめざしましょう。

126.16.5.142

  • このエントリーをはてなブックマークに追加