外食費を削減しよう!

1ヶ月の外食費って結構かかるので、気づいた時には家計が火の車なんてことがあります。夫婦の2人暮しの場合、1ヶ月の外食にかかる費用の平均は大体1万5千円ほどだそうです。

その外食費と普段の食費を合わせると4万円くらいはかかってしまいます。4ヶ月のお給料が25万円だとすると、4万円という額は結構痛いですよね。

外食といっても自分で解決できるものと、どうしても付き合いでしなくてはいけない外食があります。仕事の付き合いやママ友とのランチなど、節約したくても人との付き合いも大切で、なかなか節約できないことも多いと思います。そんなときは、下記の方法で外食費を削減しましょう。

外食費を無料にする方法

外食費を無料にする、または安く抑えるには、ハピタスというポイントサイト利用することです。

ハピタスとはどのようなサイトかというと、簡単に言いますとハピタスに掲載されている広告先で、会員登録やショッピングなど何らかのアクションを行うことで対価としてポイント(=お金)が貰えるサイトになります。

つまり、ハピタスで貯めたポイントを現金へと交換することで、外食費をゲットできる訳です。私もハピタスを利用していて毎月数千円以上稼いでおり、実質無料で外食を楽しんでいます。

年齢が13歳以上であれば誰でもハピタスの利用が可能です。登録料などの料金は一切掛かりません。ポイント交換先は現金以外にもAmazonギフト券を始め多くの電子マネーに対応しています。

早速、上記の方法で外食費を稼いで実質無料で外食をしましょう!
ハピタスへの登録はこちらから。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

外食費から無駄をなくすには?

実際にお金を使うかどうかという点では、外食を控えるというのが最善なわけでゼロにもすることは可能なわけですが、とはいえ外でご飯を食べたいときはあるものですから、そこから無駄をなくすようにしたいものです。

まず、目的を定めましょう。なぜ外食をするのか? なぜ家ではだめなのか? というところから考えをスタートします。そして、大きく2つに分類します。「おいしいもの、あるいは好きなもの、いま食べたいものを食べたい」、あるいは「作るのが面倒くさい、いまお腹がすいたので何か食べたい」です。

前者の場合は、何を食べたいのかがはっきりしているわけですから、下調べが可能なわけです。どこのお店がおいしいのか? どのメニューがお得なのか? クーポンなどのお得な手段はあるのか? それらを調べたうえで、絞って食べましょう。

たとえば焼鳥が食べたい! と思っているのになんとなくチェーンの居酒屋に入って、なんとなくいろんなメニューを頼んでしまう。これは特に欲しくもないものも流れで頼んで食べてしまいますし、結局さして食べたくもなかったものも注文してよくありません。逆に食べたいものに絞ってみれば、少しお高いお店でも、満足感に比べれば結果的に無駄が少なかったりするわけです。

後者の場合は、とりあえず手間なくお腹が満たせればいいわけですから、安いお店やファストフードでもいいわけです。ほどほどにお腹が膨れそうなものを選んでぱぱっと食べる。欲張ってサイドメニューやデザート、新メニューに目を引かれてはなりません。お腹が減っているときはなんでも美味しいものです。そんなときに贅沢をするのはもったいないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加